川平法リハビリ
について

川平法(促通反復療法)とは KAWAHIRA METHOD

脳卒中による片麻痺(半身不随)は機能回復が困難とされてきました。一度破壊された神経細胞は再生しないため、麻痺は回復しないと考えられてきたか らですしかし、鹿児島大病院霧島リハビリテーションセンター(鹿児島県霧島市牧園町、センター長・川平和美教授)が、脳の神経回路を 強化して機能回復を促進する新たなリハビリ法を開発。軽~中度の麻痺患者を中心に成果を上げています。

大久保病院では、「促通反復療法(川平法)」を積極的に取り入れ、新しいリハビリテーションの一つとして、患者様にご提供できるように努力していきます。

川平先端リハラボ

プロフィール

川平 和美

鹿児島大学名誉教授
鹿児島大学大学院医歯学 総合研究科 客員研究員

  • 1974年 鹿児島大学医学部卒業
  • 1977年 現在の霧島リハビリテーションセンターの前身である
    鹿児島大学医学部附属病院霧島分院助手
  • 1990年 京都大学霊長類研究所神経生理部門へ留学
  • 1991年 National Institute of Health
    (NIH;アメリカ国立衛生研究所)へ留学
  • 2004年 鹿児島大学病院 霧島リハビリテーションセンター長
  • 2013年 退官。現職に至る。

治療予定日

当法人では、完全予約制となります。
日程をご確認の上、0974-64-7777(川平法受付窓口)までご連絡ください。

※ご予約に関してはメールではうけたまわっておりません。必ず、お電話にてご確認ください。

治療予定日はこちら

治療までの流れ

  • 大久保病院内「川平法窓口」に連絡ください。
    電話:0974ー64ー7777
  • お電話にて相談員(社会福祉士)が、
    受診日などの調整をさせていただきます。
  • 田中信行医師の診察を受診し、現在の症状や川平法への適応性などを診断の上、
    今後の治療方針を決定します。 田中 信行
    鹿児島大学名誉教授、当院顧問。
    外来にて循環器内科を担当
  • 医師、相談員と協議の上、
    今後の日程や対応スタッフを決定します。
  • 治療を開始いたします。

写真ギャラリー

動画

家庭でできる脳卒中片マヒのリハビリ やさしい図解「川平法」