病院紹介
ごあいさつ

院長ごあいさつ

地域の皆さんの健康とその保持に貢献できるよう、
より良い地域包括ケアを目指しています。

平成27年4月より本院に院長として勤務しております、犀川哲典でございます。
大久保病院は、来年開設100周年を迎える地域医療の要として、これまで地域医療に貢献してきたすばらしい病院です。昨今、医療関係の人材を確保する事は容易ではありませんが、大久保健作理事長のご努力で、大分大学からも、福岡大学医学部、あるいはその他の大学、大学OB等、多くの医師が診療に来てくれています。
ここまで頑張ってこられた先達の努力に感謝しながら、私もこれからは病院の一員として、これまでの経験を生かして、地域の皆さんの健康作りとその保持にお役に立ちたいと考えております。
現在当院は、整形外科、外科、内科の常勤医に加えて、大分大学他から、整形外科、乳腺・呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、泌尿器科、婦人科等多くの診療科の医師に応援を頂いております。それにより診療の幅も広がっており、これまで以上に地域の皆さんのご期待に添えるものと思います。
竹田市は、大分県内でも高齢化が進んだ地域と言われています。国が提唱している地域包括ケアの精神に則り、病院の機能としても、日常生活支援、介護・看護の支援、医療と介護のシームレスな連携、そして外来・入院患者さんの診療と、この地域に即した支援が期待されています。日常生活での交通の便、医療機関までの距離が遠い、といった地域もあります。そのような地域にも少しでも医療をお届けしたいと、送迎を含めたネットワーク、巡回診療も開始しております。
私達は大久保病院患者支援チーム(Okubo-Hospital Patients Supporting Team: 略称 OH-PAS、オーパス)を結成して、地域の皆さんの健康とその保持に貢献できるように、活動を始めております。そしてより良い地域包括ケアを目指しています。どうぞ、なんでも気軽に声をかけてください。できる限りの支援をさせて頂きます。
これからも大久保病院を宜しくお願いします。

社会医療法人社団 大久保病院
院長 犀川 哲典